住み良い家づくりを

男性

古い住宅でも介護リフォームで安心

最近では老人が多くなり、介護をされる人が増えている状況です。ですから介護施設が増えているのですが、多くの高齢者の希望はできれば自宅で介護されたいと願っているのです。以前は自宅で介護しようにも、介護できるだけの設備や環境が整っていない住宅が多かったのでできなかったのですが、現在は住宅で介護する事が可能になってきているのです。そういった時に重要なのが、介護リフォームです。古い住宅でも介護リフォームする事で、介護する事が可能な住宅にする事が可能なのです。介護のために作られた多くの製品がでてきた事で、住宅で介護する事ができるようになってきたのです。ここでは住宅の介護リフォームで、知っておいた方が良いポイントを紹介していきます。

車椅子で生活できる住宅を作る

介護を目的とした住宅を作る時に重要なのは、車椅子で生活できる環境を作ることです。車椅子の生活で重要になるのが、ゆとりのある間取りなのです。車椅子は幅があるため、廊下も広くないと通行する事ができないのです。また廊下を曲がる場合においても、ぎりぎりの寸法では曲がる事もできないのです。ですから廊下の幅は広くとる事が重要です。また介護リフォームではドアは開き戸にするのではなく、引き戸にする事が重要なのです。車椅子で開き戸を通ろうとした場合、車椅子に乗った状態では開く事ができないため、自分では通る事ができないのです。ですが開き戸ならば、車椅子に乗った状態で開く事ができるため、便利なのです。また開き戸は後ろ側に物があった場合、開く事が難しなるのです。ですから救急が必要になった場合には、引き戸タイプの扉が重要なのです。