雰囲気を変える

インテリア

コンパクトで安価なマンションリフォーム

昔は住宅リフォームというものがそれほどメジャーなものではありませんでした。どちらかと言うと 20 もしくは 30 年間家を使った後は、取り壊して建て直すということが多く見られていたのです。ですから日本の家屋の平均寿命は30年と言われているのです。ただ最近ではリフォームの人気により家を大事に使う人が増えてきているのです。その中でもマンションリフォームは急激に人気が上がっています。日本の人口密度の多さからも分かるように、マンションの普及率も高いです。今ではリフォームして新築並みになる技術が備わっているので、とても魅力的なものとなっています。平均的価格においても新築物件を探すよりかははるかに安く購入できるのです。

共用部分と専有部分に分かれるマンション

マンションは1人で住んでいるわけではないので隣人との共有部分があります。基本的には家の中を専有部分と呼んで、そこだけは自由にマンションリフォームしても良いことになっているのです。ベランダや廊下等はマンション住人の共用の持ち物となるので、マンションリフォームして扱うことができないのです。ただ共用部分に関しては管理会社がきちんと手入れをしてくれますので、心配する必要は無いのです。ですから専有部分をマンションリフォームするには間取りを変えることもしていいのです。ただし、扱ってはいけない部分もあるので前もって管理会社に聞いておくと良いでしょう。マンションには配管が通っていますのでこれを扱っていいのかどうかはきちんと確認しておかないといけないでしょう。